函館はコンパクトで満足度の高い旅路

平成最後の冬は例年と比べて暖冬と言わ
れながらも、じわじわと寒さが冬の訪れ
を感じさせるここ最近。我が家は日当た
りが悪く、窓も大きく内装がコンクリー
ト打ちっ放しの為、すでに家内はめちゃ
くちゃ寒い。北海道は寒い環境に耐えら
れるべく家は保温設備が整っている分、
東京の保温が整っていない家の方がある
意味冬を越すには厳しい環境な気がする。

僕の中で旅にグルメは必須で旅先では必
ずその土地のグルメを食べる。1人で気
に入った店に入り黙々と食べる。その土
地のグルメで腹を満たせば旅の満足度は
必ずあがる。そして寒い時期ほど旅の食
欲は不思議と増す。

 

そんなグルメの最強の観光地と言えば北
海道だ。(写真は美瑛の青い池)北海道では
何を食べてもうまい。

毎年北海道は必ず行っている。札幌、釧
路、知床…様々な場所に行って必ず絶景
と合わせてうまい物をたらふく食べた。

 

 

そんな中ですすめたい函館

そんな中で北海道でありながら短い期間
を利用してコンパクトながらも満足な旅
がリーズナブルに出来るのは函館だ

去年の今頃に1泊2日のグルメツアーで函館
に行った。函館は札幌に次ぐ市街地だが
1日あれば十分コンプリート出来るほど観
光名所が密集している。

また空港からの立地が非常に良い。
成田や関西空港の様に市街地への距離が
遠く移動に時間が大きくとられるが函館
空港から函館市街までは20分で着く。

 

アジアの人々が多く訪れて経済効果が目
覚ましい博多は福岡空港に鉄道で10分程
度で行ける為に韓国からは日帰りツアー
などがあったりしてインフラの効率が良
い場所がいかに素晴らしいかがわかる。

 

 

 

なんといっても食といえば北海道

1泊でのコンパクトな旅では初日の夕方
に函館について次の日の夕方に復路の
飛行機に乗ったがその間はひたすら食
べて飲んだ。食べた順に載せるとイカ刺
し、ジンギスカン、函館ラーメン、海鮮
丼、ラッキーエッグバーガー、スープカ
リー。常にサッポロビールあり。他にも
有名な特産物やグルメはたくさんあるが
正直なんでもうまい。

我ながら1泊で食べる量ではないなと思
う。でも正直まだまだ入るな。笑

 

観光地は近接で移動スムーズ

赤レンガ倉庫、函館山に五稜郭など有名
な観光地はいずれも近接していて徒歩と
路面電車で1泊で全て回りきれる場所に
ある。赤レンガ倉庫の近くにはジンギス
カンで有名な羊羊停があり、函館山に行
く道中にはラッキーピエロというご当地
バーガー日本一になったバーガーショッ
プもあるのであわせると良いかも。

写真は函館市内を走る路面電車。床が木
造りになっていてレトロ。

 

ちなみにとくに期待もせずに登ってみた
五稜郭タワーからの景色は良い意味で裏
切られて感動した。個人的には函館山の
夜景よりよかったな。雪景色の時にぜひ
見てもらいたい。

 

五稜郭タワーからの景色。函館に行った
この日は気温0°で積雪も多かったので綺
麗な雪化粧。

 

最強のコンビニセイコーマート

北海道のあらゆる場所に点在しているコ
ンビニであるセイコーマート。ここに置
いているオリジナルの食品はどれも間違
いない。親子丼ぶりやサンドイッチなど
お弁当やお惣菜は北海道の食材を店内で
直接調理されているのでうますぎなのに
めちゃ安い。

毎年顧客満足度No.1のコンビニで北海道
のどこに行こうが絶対ここは寄るべき。
個人的には昔阿寒湖を見ながら食べたフ
ルーツサンドが忘れられないぐらいうま
かった。

 

 

日本で空港に最も近い温泉

観光や食に風呂が加わればさらに満足度
の加速度は増す。湯の川温泉は日本で最
も空港に近い温泉で函館空港から車でわ
ずか5分ほどで着く立地だ。

これだけ近ければ1時間ほど時間が余った
らちょっと近所の銭湯に行ってくるって
ノリで温泉に浸かって帰れちゃうなんて
最高な事ができる。あらかじめ日帰り温
泉をしらべておいて旅の最後にひとっ風
呂入るべし。バスのルートが少しだけや
やこしいから注意。

 

こんな感じでまとめると函館はグルメ良
し、観光地も近場で密集しているので移
動が楽、空港から市街地への移動も早い、
飛行機ではLCCのバニラエアーが飛んで
いるので旅費もかなり抑えられる。(バニ
ラエアーは東京限定)

 

土日でローコストで満たされる旅がした
いならぜひ函館旅がオススメだ。こんな
事を書いていたらまた食べたくなってく
るのでこの辺で。。。